2010年05月31日

職員の期末手当を3分の1に=竹原市長が専決処分―鹿児島県阿久根市(時事通信)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、市職員の期末手当(ボーナスの一部)を3分の1程度まで減額する条例を、市議会に提出せずに専決処分したことが29日、自治労鹿児島県本部への取材で分かった。総務省は昨年8月「給与条例の改正は、その性質上専決処分によって行うことのないように」と通知している。
 同本部によると、夏の期末手当は1.25カ月から0.34カ月に減額。冬も1.50カ月から0.47カ月に下がる。専決処分は28日付という。 

【関連ニュース】
夏ボーナス、2年ぶり増=製造業持ち直す
ボーナス7%カットへ=人件費10%減の市長公約達成
夏ボーナス2.4%増=上場企業、2年ぶりプラス
公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査
会社の金で高級ブランド品=海外旅行、ホストクラブ…

<国際結婚トラブル>願望強い農村部男性が被害 来月2日、仙台で被害者弁護団が相談会(毎日新聞)
覚せい剤譲り受け容疑、信金秘書室長ら逮捕(読売新聞)
法科大学院、初の撤退へ=姫路独協大が募集停止―兵庫(時事通信)
福島氏「重大決意を」 社民、連立離脱強まる(産経新聞)
別の患者名で錠剤入手=妊娠告知の翌日、結婚直前―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
posted by コヅカ ヨシヒロ at 14:40| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

「出会い喫茶」規制へ=風営法見直し、「類似ラブホ」も―警察庁(時事通信)

 児童買春などの温床と指摘される「出会い系喫茶」について、警察庁は27日、来年1月1日から風営法の規制対象とし、取り締まりを強化することを決めた。ビジネスホテルなどを装った「偽装ラブホテル」も同日から規制対象とする。
 規制対象になると18歳未満の児童の入店や、学校近辺や住宅街での営業が禁止される。ただ、これまで禁止区域で営業してきた施設は引き続き営業を認める。
 出会い系喫茶は、有料で入店した男性に女性を紹介する店で、男女が合意すれば店外に連れ出せる。無料で飲食ができるため、18歳未満の少女が出入りしており、店外での児童買春に結びつきやすいと指摘されていた。
 偽装ラブホテルに対しては、規制対象だった従来のラブホテルに要件を追加。客と従業員が顔を合わさず料金を支払える自動精算機が設置されていることなどを加え、規制対象とした。ラブホテルの要件の大幅見直しは26年ぶり。 

【関連ニュース】
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と
都条例改正に漫画家ら反対声明
少女12人の裸撮影=英会話教室経営の米国人追送検
官民一体の児童ポルノ対策指示=全国少年課長会議で警察庁長官

両陛下が神奈川県へ 全国植樹祭にご出席(産経新聞)
両陛下 全国植樹祭に出席、苗木を植樹 神奈川・南足柄(毎日新聞)
小沢氏、国民新との合併に言及 亀井氏は断る(産経新聞)
「極刑に」 大阪・梅田のひきずりひき逃げ事件公判で遺族陳述(産経新聞)
<傷害容疑>女装して銭湯、見つかり暴力 防衛省の技官逮捕(毎日新聞)
posted by コヅカ ヨシヒロ at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

林葉直子さん、15年ぶり将棋復帰(スポーツ報知)

 ヘアヌード写真集やトップ棋士との不倫騒動で話題を集めた将棋の元人気女流棋士・林葉直子さん(42)が、15年ぶりにプロ棋戦に出場することが14日、分かった。林葉さんは、日本女子プロ将棋連盟(LPSA)の公認棋戦「日レスインビテーションカップ」(6月13日開幕)に主催者特別推薦で出場し、7月の初戦で中倉彰子女流初段と対局する。主催者である日本レストランシステムの強い要望を受けたLPSAから打診され、4月末に決断した。

 引退前から親交が深く、林葉さんに直接依頼したLPSA代表理事の中井広恵女流六段(40)は「今後は分からないが、(本格的な)復帰を希望するなら応援したい」と話した。林葉さんは、引退後も将棋界には関心があったようで、今回の件については「しばらく将棋と離れていたから、体調を整えていかないとね」と話していたという。

 LPSAは、07年に日本将棋連盟の一部の女流棋士が独立して設立した団体。今回、LPSAは連盟所属の女流棋士にも同棋戦への参加を呼び掛けていたが、実現しなかった。林葉さんの出場について、連盟の幹部は「連盟としては、林葉さんは退会棋士。LPSAのやることにとやかく言えない」と話している。

 ◆林葉 直子(はやしば・なおこ)1968年1月24日、福岡市生まれ。42歳。6歳で将棋を始め、米長邦雄門下に。14歳で女流王将(後に10連覇)、15歳で女流名人(通算4期)に。94年に失そう騒動を起こした後、翌95年に引退。その後はヘアヌード写真集、豊胸手術、トップ棋士との不倫騒動などで話題を集めた。

 【関連記事】
林葉直子さんが棋戦出場
林葉直子さんが棋戦出場、15年ぶりに登場
羽生名人3連覇にあと1勝…将棋 名人戦
女流棋士 林葉直子 将棋連盟 を調べる

床に長女たたきつける 傷害容疑で母親逮捕(産経新聞)
中小医療機関での医療安全で「院長のリーダーシップを」(医療介護CBニュース)
採用半減、閣議決定先送り=国家公務員、一部府省から異論(時事通信)
推進本部は会期内提出を確認 憲法改正原案で自民党(産経新聞)
普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難−政府(時事通信)
posted by コヅカ ヨシヒロ at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。